My Oracle Support Banner

レッドラインの変更権限に対してサブクラスレベルのクライテリア動作が不正 (Doc ID 2399842.1)

Last updated on FEBRUARY 22, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.5.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作

レッドラインのページ3.テキスト の変更権限を下記のように制御するため、

設定:ユーザーに割り当てられている変更権限の条件と適用先の設定

しかし、上記設定は、下記Case 1 では正常に動作するが、Case 2では正常に動作しない


期待する動作

レッドラインのページ3.リスト の値を'No' から'Yes' に変更すると、ページ3.テキストが編集不可となる

再現手順:

この問題は、次の手順で再現することができます:

  1. Java Clientにログインし、ドキュメント・サブクラスのページ3.リスト とページ3.テキストを変更管理下の属性に設定します。ページ3.リストには、リストエントリ 'Yes' と 'No'を設定します
  2. ドキュメントクラスに対し。次の権限を設定してユーザーに割り当てます:
    • ディスカバリ/作成権限
    • 変更/読み取り権限
      • 権限1: 条件: ページ3.リスト in Yes、適用先: 'ページ3.テキスト'を除外
      • 権限2: 条件: ページ3.リスト Not in Yes, 適用先: 'ページ3.テキスト'を含む
  3. 手順1 で設定した権限をもつWeb Clientユーザーでログインします
  4. ドキュメントサブクラスを作成し、ページ3.リスト を 'No' に設定します
  5. ドキュメントサブクラスに対して変更を作成します
  6. レッドライン画面から、ドキュメント サブクラス.ページ3.リスト を'No' から'Yes'に変更します
  7. 保存
  8. レッドライン画面のページ3.テキストを開きます。編集可の状態となっています

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.