My Oracle Support Banner

エラーACKを受け取った後、識別番号がPMDA情報タブから消える (Doc ID 2416413.1)

Last updated on MARCH 04, 2019

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.1.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

初回PMDA E2B (R3) を提出済みで、識別番号が付与されている報告があります。

その後、追加報告を送信したところ、エラーACK (ACK.B.r.6 is CR and ACK.A.4 is AR) となり、このエラーACKファイルには識別番号が含まれてません。

そのため、症例フォーム > 解析 > PMDA情報タブの 識別番号 フィールドがブランク表示される場合があります。

 
Note:
PMDA情報タブの 識別番号 フィールドがブランク表示でも、あらためて追加報告を生成した際は、識別番号が含まれたレポートが正しく生成されます。

 

-------------
再現手順は以下のとおり:
-------------
1. 初回 PMDA E2B (R3) を送信
2. 識別番号が含まれたACKファイルを受信
3. 症例フォーム > 解析 > PMDA情報タブの 識別番号 フィールドに、付与された識別番号が表示されていることを確認
4. 追加報告をスケジュール
5. 追加報告を送信
6. 識別番号が含まれていないエラーACK(ACK.B.r.6 is CR and ACK.A.4 is AR)ファイルを受信
7. 症例フォーム > 解析 > PMDA情報タブの 識別番号 フィールドから、付与された識別番号が消えブランクであることを確認

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.