My Oracle Support Banner

E2B (R3) を出力した際、患者情報 D.1.1.x に 名前空間 OIDが出力されずcodeの出力にも誤りがある (Doc ID 2424624.1)

Last updated on JULY 18, 2018

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.1.1 以降
Oracle Argus Safety - バージョン 8.1.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

E2B (R3) を出力した際、患者情報 D.1.1.1 - D.1.1.4の出力に以下の誤りがあります。

1) 名前空間 OIDが出力されない

2) "Code" タグに、 code (例:4)ではなく、テキスト (例: investigation)が出力される

 

HL7 の出力例

<!--D.1.1.4 Patient Medical Record Number(s) and Source(s) of the Record Number (Investigation Number) -->
<asIdentifiedEntity classCode="IDENT">
<id nullFlavor="MSK" />
<code code="investigation" codeSystem="2.16.840.1.113883.3.989.2.1.1.4" codeSystemVersion="2.0" />
</asIdentifiedEntity>


以下のように出力されるべき

<!--D.1.1.4 Patient Medical Record Number(s) and Source(s) of the Record Number (Investigation Number) -->
<asIdentifiedEntity classCode="IDENT">
<id nullFlavor="MSK" root="2.16.840.1.113883.3.989.2.1.3.10" />
<code code="4" codeSystem="2.16.840.1.113883.3.989.2.1.1.4" codeSystemVersion="2.0" />
</asIdentifiedEntity>

 

 

Regulationsには、各D.1.1.x には、以下の名前空間 OID が出力されるべきと記載されています。

D.1.1.1 --- 2.16.840.1.113883.3.989.2.1.3.7
D.1.1.2 --- 2.16.840.1.113883.3.989.2.1.3.8
D.1.1.3 --- 2.16.840.1.113883.3.989.2.1.3.9
D.1.1.4 --- 2.16.840.1.113883.3.989.2.1.3.10

 


---------------------------------------------
再現手順は以下のとおり
---------------------------------------------
1. 症例を開く
2. この症例が治験症例の場合、患者 タブにて、patient IDを設定
3. 付加情報タブを開く
4. 参照セクションにて、"E2B GP Medical No(E2B GP 医学番号)" の値を入力
5. 参照セクションにて、"E2B Hospital Record No(E2B 病院内記録番号)" の値を入力
6. 参照セクションにて、"E2B Specialist No(E2B 専門家番号)" の値を入力
7. E2B (R3) の出力に必要な値を入力
8. 症例を保存

9. 当局報告タブにて、E2B (R3)をスケジュール
10. 草稿リンクをクリック
11. E2B Viewerが表示されたら、表示フォーマットを"HL7 View"に変更



原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.