My Oracle Support Banner

Argus Consoleに設定したPrimary Indicationの事象名が 'To be coded' に表示されない (Doc ID 2438327.1)

Last updated on NOVEMBER 18, 2019

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.1.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

Argus Console > Business configuration > products and licenses のProduct 設定内の Primary Indicationに設定した事象名が To be Coded に出力されません。

これは表示上の問題になります。

 

----------
再現手順は以下のとおり:
----------
1. Argus-j user accountでArgusにログイン
2. Argus Console > Business configuration > products and licensesを表示
3. 登録してあるproductを選択し、設定を表示
4. "primary indication" fieldに、事象名(eg., Headache) を入力
5. 設定を保存
6. グリーンチェックマークアイコンをクリック
7. "To be coded" sectionに登録した英語の事象名が表示されることを確認
        


8. [J Date Entry] ボタンを押す

9. "primary indication" fieldに、日本語事象名(eg., 頭痛)がコーディングされていることを確認
10. グリーンチェックマークアイコンをクリック

"To be coded" sectionに日本語の事象名 (eg., 頭痛) が表示されない
            

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.