My Oracle Support Banner

症例からPMDA E2B (R3)を出力した際、G.k.3.1に他のラインセンスの番号が出力される (Doc ID 2483536.1)

Last updated on JULY 29, 2019

適用範囲:

Oracle Argus Safety Japan - バージョン 8.1.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

例フォーム > 解析> PMDA情報タブに、複数の日本ライセンスが存在しています。

この症例から、PMDA E2B (R3)を出力したところ、G.k.3.1 <DRUGAUTHORIZATIONNUMB>に、他のライセンスの番号が出力される場合があります。

 


---------------------------------------------
再現手順は以下のとおり
---------------------------------------------
例えば、Product (A)には以下の3つのライセンスが登録されいます。

1. 新規外国症例 (COI=US)を作成し、Product (A)のUS Marketed License を選択します。
2. book-in後、症例フォーム > 解析 > PMDA情報タブを表示します。
3. Product (A)の以下の日本ライセンスが表示されていることを確認します。


4. PMDA E2B (R3)出力に必要なデータを入力します。
5. "JP Marketed License 001"に対して、PMDA E2B (R3)をスケジュールします。
6. 草稿リンクをクリックします。

G.k.3.1 <DRUGAUTHORIZATIONNUMB>に、スケジュールした"JP Marketed License 001"のライセンス番号ではなく、"JP Marketed License 002"のライセンス番号が出力されます。

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.