My Oracle Support Banner

Agile PLMのシステムから大容量のマスキングされていない部分的なデータベースをエクスポートする手順について (Doc ID 2514350.1)

Last updated on DECEMBER 04, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.1.0 から 9.3.6.0 [リリース 9.3]
Linux x86-64
Microsoft Windows x64 (64-bit)

目的

サービスリクエスト (SR) へ大容量のデータベースをエクスポートしてアップロードする時間を最小限に抑えるために、オラクルは 履歴および通知データをダンプファイルから除外することを推奨しています。
これらのデータの格納されているテーブルは大容量になっていることが多く、調査に関係のない場合があります。この文書では、Data Pumpとパラメーター・ファイルを使用してAgile Product Lifecycle Management(PLM)システムからすべての重要なデータを含む部分的なデータベースをエクスポートするプロセスについて説明します。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.