My Oracle Support Banner

レベルテンプレートは標準テンプレートと比べて子アイテムも対象アイテムに追加される (Doc ID 2536029.1)

Last updated on DECEMBER 05, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.5.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

実際の動作
BOMをレベルテンプレートでインポートすると、子アイテムも対象アイテムに追加されます。
標準テンプレートでBOMをインポートした場合とこの動作には違いがあります。標準テンプレートの場合は、子アイテムは対象アイテムに追加されません。

例えば、以下のような1階層のBOMをインポートするとします

親アイテム A
+--- 子アイテム B

レベルテンプレートの場合は、新しいECOが作成されアイテムAとアイテムBを両方対象アイテムタブに追加します。アイテムAのレッドラインBOMタブにはアイテムBが設定されます。アイテムBにはレッドライン情報はありません。
標準テンプレートの場合は、新しいECOはアイテムAのみ対象アイテムタブに追加され、レッドラインBOMタブにはアイテムBが設定されます。

手順

標準テンプレートの場合

1. Web Clientにログイン
2. インポート
3. プリファレンス : ビジネス・ルール

変更モード : レッドライン
レッドライン・モード動作 : 新規/レッドライン・アイテムを変更へ
BOMおよびAMLのインポート動作 : アセンブリ、AML、コンポーネントをインポート
レッドライン・モード動作 : 追加/更新のみ

4. Import ファイル : testImport-standard.xlsx

Parent Item Number Child Item Type Child Item Number FindNum
D00028 Document2 D00027 0


テンプレート・タイプ : 標準, テンプレートなし

-> 次
-> 部品構成表
-> 次
-> レッドラインに次の変更を使用 : C00117
-> 次
-> マッピング
-> インポート

5. 変更 : C00117 に移動
6. 対象アイテムタブに移動

アイテム番号
-------------
D00028

BOMタブ
アイテム番号      数量        Find Num
-----------------------------------
D00027             1           0




For Level Template

1. Web Clientにログイン
2. インポート
3. プリファレンス : ビジネス・ルール

変更モード : レッドライン
レッドライン・モード動作 : 新規/レッドライン・アイテムを変更へ
BOMおよびAMLのインポート動作 : アセンブリ、AML、コンポーネントをインポート
レッドライン・モード動作 : 追加/更新のみ

4. Import ファイル : testImport-level.xlsx

Level Item Number Item Type FindNum Quantity
0 D00028 Document    
1 D00027 Document2 0  


テンプレート・タイプ : レベル, テンプレートなし

-> 次
-> レッドラインに次の変更を使用 : C00120
-> 次
-> マッピング
-> インポート

5. 変更 : C00120 に移動
6. 対象アイテムタブに移動

アイテム番号
-------------
D00027
D00028

--> D00028をクリック

BOMタブ
アイテム番号   数量   Find Num
----------------------------
D00027          1      0

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.