My Oracle Support Banner

ユーザーセッションが強制終了された後もUSER_USAGE_HISTORY.LOGOUT_TIMEがヌルのままとなる (Doc ID 2559529.1)

Last updated on JANUARY 20, 2021

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.5.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作

ユーザーのセッションが強制終了されても、それらのユーザーについてUSER_USAGE_HISTORY のLOGOUT_TIMEが永遠にヌルのままのレコードがあります



期待する動作

ユーザーのセッションが強制終了された場合に、USER_USAGE_HISTORY.LOGOUT_TIMEが入力されること。

Agileでは、サーバーが5分ごとに現在ログイン中でないにもかかわらず、logout_timeがnullとなっているレコードを確認し、logout_timeを現在の時刻で更新する処理が実装されています。




手順

この問題は次の手順で再現されます:

  1. Web Client に user1としてログインします
  2. Agile データベース・インスタンスをシャットダウンします
  3. Web Client でユーザーが何か操作をしようとすると、ユーザーはログアウトします
  4. Agile データベース・インスタンスを再起動します
  5. Web Client に user1としてログインします
  6. sqlplus に agile データベース・ユーザーとしてログインし、次のsqlを実行します:
    * 本日生成されたレコードを取得できるように TO_DATE の値を変更してください
  7. LOGIN_TIME が本日の日付で、LOGIN_TIME = nullのレコードが二つ確認できます
  8. ブラウザの × ボタンをクリックしてブラウザを閉じます
  9. 手順6のsqlを実行します
    LOGIN_TIME が本日の日付で、LOGIN_TIME = nullのレコードがまだ二つ確認できます
  10. 15分以上待ってから同じsqlを実行します
    ひとつのレコードはLOGOUT_TIMEが登録されたことが確認できますが、もう一方のレコードは LOGOUT_TIME がヌルのままです

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.