My Oracle Support Banner

AverifyチェックAGIL-00060004を置換する方法について (Doc ID 2571074.1)

Last updated on JULY 30, 2019

適用範囲:

Oracle Agile PLM Framework - バージョン 9.3.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

開発部門により、保留中の変更に対してはエラーを出力しない、改訂した「AGIL-00060004」averify チェックが提供されました。

GUI側によって、保留中の変更により導入された重複AMLデータは抑制されるため、Averfiyによってチェックされる必要がありません。

 

保留中の変更に対して、重複するAMLは次の手順で生成されます:

  1. Web Clientにログインします
  2. 部品 P1を作成します
  3. 部品 P1に対して ECO1 を作成します
  4. 対象アイテムに移動し、P1を選択してAMLをレッドライン追加します
  5. ECO1 を保留中のステータスで維持します
  6. ECO2 を部品 P1に対して作成します
  7. 対象アイテムタブに移動し、P1を選択して、手順4で追加したのと同じAMLをレッドライン追加します
  8. ECO1をリリースします
  9. ECO2を開き、対象アイテムタブに移動します。P1に対して重複するAMLが追加されていることが確認できます
    備考: ECO2をリリースしようとすると、リリースの検証え重複AMLが報告されます。GUIはリリース済みの変更に重複するAMLが追加されることを抑制します


 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.