My Oracle Support Banner

サプライチェーンワークベンチのリリースの問題に対して診断情報を取得する方法 (Doc ID 2662410.1)

Last updated on APRIL 24, 2020

適用範囲:

Oracle Advanced Supply Chain Planning - バージョン 11.5.9 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

しばしば、計画オーダーはAPS(宛先)のサプライチェーンワークベンチからリリースされますが、対応する製造オーダーや購買依頼が正しくEBSアプリケーション(ソース)に作成されないことがあります。

計画オーダーが購買依頼としてリリースされるとき、データはソースインスタンスのPO_REQUISITIONS_INTERFACE_ALL t表に挿入され購買依頼インポート(POCIRM)コンカレントプログラムによって処理されます。

計画オーダーがショップ型製造オーダーとしてリリースされるとき、データはソースインスタンスのWIP_JOBS_SCHEDULE_INTERFACEとWIP_JOB_DTLS_INTERFACE表に挿入され、WIP一括ロード(WICMLP)コンカレントプログラムによって処理されます。

計画オーダーがロット基準製造オーダーとしてリリースされるとき、データはソースインスタンスのWSM_LOT_JOB_INTERFACE とWSM_LOT_JOB_DTL_INTERFACE表に挿入され、 Import Lot Based Jobs (WSMPLBJI)コンカレントプログラムによって処理されます。

12.1以上では、新しいプロファイルMSC: Retain Released Dataを使用することで、データをMSC%INTERFACEからも取得することができます。

この記事の目的は製品サポートが素早く解決策を提供することを補助するための、追加の情報を集めることを補助することです。

<Note 1346745.1> がリリース処理の豊富な情報とともに公開されています。


解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.