My Oracle Support Banner

破損の検知と回避のためのベストプラクティス (Doc ID 1671620.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 7.1.1.0 から 12.1.0.2 [リリース 7.1.1 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Oracle Server Enterprise Edition - Version: 7.1.1.0 to 11.2.0.1.0
***Checked for relevance on 27-Sep-2013***


本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 428570.1 (最終更新日: 2016年02月25日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。


目的

このNoteの目的は破損のシナリオを避けるための手助けとなる優れた実践内容について説明しています。様々な方法で物理破損や論理破損を検出したり、基本的な破損の問題への対処方法についても説明しています。

対象

この記事はデータの一貫性の確認を必要とするDBA向けに作成されています。
Oracle7, Oracle8, Oracle8i, もしくはOracle9i と10gデータベースが対象となります。
合わせて破損を確認するための様々な方法や基本的なデータ破損への対処方法について説明します。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.