My Oracle Support Banner

Linuxでのメモリ使用量について (Doc ID 1909242.1)

Last updated on MAY 10, 2020

適用範囲:

Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
Linux OS - バージョン Oracle Linux 5.0 から Oracle Linux 6.4 [リリース OL5 から OL6U4]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

Linuxのメモリの使用状況の確認は、場合によっては分かりにくい場合があります。例えば、freeコマンドの報告する結果と、実際にアプリケーションが使用しているメモリのおおよその量が一致しない場合などです。
この文書では、Linuxでのfreeコマンドの表示内容などを一例に、Linuxのメモリ使用量について説明します。

質問と回答

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
質問と回答
 Q1. 'free'コマンドの出力は何を表していますか
 A1. 'free'コマンドの出力が表しているもの
 A1.1 OSの見地から見た場合
 A1.2 アプリケーションの見地から見た場合
 A1.3 さらに正確な値の算出More accurate
 Q2. キャッシュメモリは解放できますか
 A2. キャッシュメモリを解放する方法
 Q3. キャッシュメモリはどのようにシステムのパフォーマンス向上に役立っていますか
 A3. キャッシュメモリがシステムのパフォーマンスを向上させる例
 Q4. ある特定のプロセスのメモリ使用量を求める方法はありますか
 A4. 特定のプロセスのメモリ使用量を求める方法
 Q5. Hugepageを使用している場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.