My Oracle Support Banner

トラブルシューティング: I/O 関連の待機 (Doc ID 1913422.1)

Last updated on JULY 02, 2019

適用範囲:

Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 7.3.4.0 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 7.3.4.0 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 7.3.4.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 223117.1 (最終更新日: 2018年02月01日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

目的

この記事は、競合の主な原因が I/O 関連の時の Oracle データベースのチューニングについてのガイドラインを提供します。

適用範囲

ここに記載されている技術は以下のような場合に使用することができます。:

この記事は、データベース管理者、サポート・エンジニア、コンサルタント、データベース・パフォーマンス・アナリストを対象としています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 目的
 適用範囲
トラブルシューティングの手順
 I/O 関連待機のトラブルシューティング
 I/O 待機イベントの本質を判断する
 待機イベントの影響についての誤解: 例
  例 1 : Oracle9i Release 2 より前の Statspack
 例 2: Oracle10i Release 2 以降の AWR
 一般的な I/O 問題を対応するための手法
 出来る限り効率のよい IO にする
 ストライピング、RAID、SAN、NAS を利用することで、データベース I/O のバランスをとる
 データベース・ファイルを異なるファイル・システム、コントローラ、物理デバイス間に配置することによるデータベース I/O の分散
 Resource Manager を使用した過度な IO の管理
 外部 IO の競合の回避
 より高速なハードウェアの使用
 新技術の活用
 データファイル I/O 関連の待機イベント
 'db file sequential read'
 'db file scattered read'
 'db file parallel read'
 Direct Path Reads and Writes
 一時表領域 I/O 関連の待機イベント
 'direct path write temp'
  'direct path read temp'
 制御ファイルの I/O 関連の待機イベント
 'control file parallel write'
 'control file sequential read' and 'control file single write'
 REDO ロギングの I/O 関連の待機イベント
 'log file parallel write'
 'log file sync'
 'log file sequential read' and 'log file single write'
 'switch logfile command' ,'log file switch completion' and 'log file switch (clearing log file)'
 'log file switch (checkpoint incomplete)'
 'log switch/archive'  および  'log file switch (archiving needed)'
 バッファ・キャッシュの I/O 関連の待機イベント
 'db file parallel write' , 'db file single write',  'write complete waits',  'free buffer waits'
 補足
 より詳細な情報についての連絡先は?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.