My Oracle Support Banner

クラスタウェアと RAC のネットワークと名前解決の設定を検証する方法 (Doc ID 1920064.1)

Last updated on FEBRUARY 11, 2019

適用範囲:

Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Generic Linux
Generic UNIX

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1054902.1 (最終更新日: 2018年04月12日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

ネットワークと名前解決の設定を検証するための、クラスタ検証ユーティリティ - Cluster Verification Utility (別名 CVU, runcluvfy.sh もしくは cluvfy コマンド) はよいツールですが, すべての問題を確認できない場合もあります。インストール前にネットワークと名前解決が適切に設定されない場合、 インストールが失敗する可能 性があります。ネットワークと名前解決において問題が発生した場合、クラスタウェアや RACに問題が発生する可能性があります。この文書は、Grid Infrastructure (クラスタウェア) と RACのネットワークと名前解決の設定に関しての、確認ポイントをリストします。

対象

このドキュメントは Oracle クラスタウェア/RAC データベースの管理者とOracle サポートエンジニアを対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 A. 要件
 B. 期待される結果の例
 C.構文リファレンス
 D.マルチキャスト
 E.ネットワーク・ランタイムの問題
 F.ネットワーク問題の症状
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.