My Oracle Support Banner

トラブルシューティング: 11.2 クラスタウェアのノード排除(リブート) (Doc ID 1921581.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1050693.1 (最終更新日: 2014年02月18日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

この文書は、11.2 クラスタウェアのノード排除(リブート)(Evictions(Reboot))に関するトラブルシューティング方法を提供しています。11.2 より前のリリースについては、 <Note: 265769.1> を参照してください。

対象

この文章はクラスタウェアのノード排除(リブート)を対応するデータベース管理者およびサポート・アナリストを対象にしています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 ノード排除の概要
 1.0 - リブートにおけるプロセスの役割
 2.0 - リブートの原因となっているプロセスの特定
 3.0 - OCSSD のリブートのトラブルシューティング
 3.1 - OCSSD のリブート発生の一般的な原因
 3.2 - OCSSD のリブートが発生する場合に確認および収集する必要のあるファイル
 4.0 - CSSDAGENT や CSSDMONITOR のリブートの発生に対するトラブルシューティング
 4.1 - CSSDAGENT や CSSDMONITOR のリブート発生の一般的な原因
 4.2 - CSSDAGENT や CSSDMONITOR のリブートが発生する場合に確認および収集する必要のあるファイル
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.