My Oracle Support Banner

ASM によるデータベースハング問題 Top 5 (Doc ID 2288809.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.7 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2248393.1> (最終メジャー更新日: 2017年03月31日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

本ノートは、ASM によるデータベースのハング/パフォーマンス問題の Top 5 を要約する目的で作成されました。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
詳細
 問題 #1: プロセス Ora_onnn によるサーバの高負荷
 問題 #2: 非Exadata 11g で 'ksv master wait' と 'ASM File Metadata Operation' の待機が大量に発生
 問題 #3: REDO ログが ASM 上にある場合、LGWR が "log file parallel write" でスピン/待機する。
 問題 #4: ASM 通信エラー ORA-15055 ORA-21561
 問題 #5: ORA-600 [kfnsInstanceReg00] が発生し、"ASM FILE METADATA OPERATION"で長時間待機
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.