My Oracle Support Banner

11g以降のリリースにおける自動メモリー管理(AMM)を利用したSGAとPGAの管理 (Doc ID 2330084.1)

Last updated on SEPTEMBER 14, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.6 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1392549.1> (最終メジャー更新日: 2018年8月4日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

本文書では、自動メモリー管理(AMM)を利用したSGAとPGAのメモリー管理の方法について解説します。

対象

本文書は自動メモリー管理に関心のある経験豊富なデータベース管理者ならびにOracleサポート・エンジニアを対象としたものです。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 AMMの必須パラメータ
 AMMの任意パラメータ
 MEMORY_TARGET内でのメモリーの制御方法
 MMANによる完全制御
 DB管理者によるメモリー制御
 AMMの詳細
 ケース1: MEMORY_TARGETのみを設定した場合
 ケース2: MEMORY_TARGET、SGA_TARGET、PGA_AGGREGATE_TARGETを設定した場合
 ケース3: MEMORY_TARGET、SGA_MAX_SIZE、SGA_TARGET、PGA_AGGREGATE_TARGETを設定した場合
 ケーススタディのまとめ
 ORA-4030およびORA-4031
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.