My Oracle Support Banner

複数のICSRが含まれたACK fileをインポートしたしたところ、ICSRのレポートステータスが "提出済み" にならない (Doc ID 2347985.1)

Last updated on JANUARY 11, 2018

適用範囲:

Oracle Argus Safety Cloud Service - バージョン 8.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

複数のICSRが含まれたE2B(single message xml file)を送信しました。
その後、複数のICSRが含まれたACK file (single message) をArgusに取り込んだところ、1つのICSRのレポートステータスが、"提出済み"にならず、"作成済み"のままになる場合があります。


Note:
ACK import logに、以下の出力があります。

         Record not found in SAFETYREPORT table for MSG_ID '###', SAFETYREPORTID 'XXX'

 


--------------
再現手順は以下のとおり:
--------------
1. Case action > open 画面を表示
2. ロック済みの症例を複数選択
3. [Batch(一括操作)]ボタンを押す
4. EMA message profileを使用したAgencyを選択後、様式:E2Bを選択 (症例に保存し提出みチェックが入っている状態)
5. レポートを送信


6. Transaction server上のoutgoingフォルダに 1つのxml file が作成され、step2で選択した全てのICSRが含まれている
7. 提出先からACK file を受信。ACK fileに、送信した全てのICSRが含まれている
8. ACK fileをArgusに取り込む


9. ESM ACK import ログファイルを確認
10. 以下のログが出力されていることを確認


Record not found in SAFETYREPORT table for MSG_ID '###', SAFETYREPORTID 'XXX'

 

11. 送信したICSRのレポートステータスを確認

ACK import logに出力されている1つのICSRのレポートステータスが"作成済み"のままで、その他のICSRのレポートステータスは、全て"提出済み”となった。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.