My Oracle Support Banner

現在のデータベース・リリースのリリース・スケジュール (Doc ID 2413744.1)

Last updated on MARCH 16, 2021

適用範囲:

Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 10.1.0.5 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.1.0.5 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

詳細

免責事項:

この文書に掲載された日付は、計画と議論のためのものでであり、お客様のI.Tプロジェクト計画を支援することだけを意図しています。日付は堅実な開発計画ではありません。プラットフォームのリリースおよびタイミングは、Oracle の単独の裁量で変更されることがあります。

この機密資料へのアクセスおよびその使用は、実行され、遵守することに同意したOracleソフトウェア・ライセンスおよびサービス契約の条項に従います。本書および本書に記載されている情報は、Oracle 社の書面による事前の承諾なしに、ライセンス供与された組織以外の者には開示、複製、配布することはできません。この文書は、使用許諾契約書の一部ではありません。また、Oracle、その子会社または関連会社との契約書にも組み込むことはできません。
次のコンテンツは、Oracleが提供できる最も正確な情報を表しています。これは、様々なマイルストンに到達し、リリースが製品ライフ・サイクルの内外に移動すると変更される存続ドキュメントです。これは、Database 's Premier Support (PS)およびExtended Support (ES)ライフタイム・ポリシーの対象となるリリースに関する最新情報を提供することを目的としています。サポートは、このドキュメントに記載されていない追加の日付を提供できません。将来のリリース日を尋ねるサービス・リクエストをログに記録しないでください。このドキュメントが変更されたときに通知を受け取る場合は、記事をお気に入りとして設定し、KMドキュメントID: 793436.2の電子メール通知の手順に従います。

新着情報

最新の変更は、"New" または "Updated" アイコンで強調表示され、最新の変更をすばやく識別できます。 また、ドキュメントの下部にある更新履歴も参照してください。

Oracle Database リリース・ロードマップ

Oracleデータベースのリリースには、長期(Long Term)リリースと革新(Innovation)リリースの2つのタイプがあります。

Oracle Databaseの長期リリースは、新しいリリースへのアップグレードの頻度を減らすことでメリットを得られるユースケースに最適です。長期リリースは、最高レベルの安定性と最長のエラー修正サポートを提供します。これらのリリースには、5年間のプレミアサポートと、それに続く3年間の延長サポートがあります。延長サポートと組み合わせると、お客様は通常、1つの長期リリースから次の長期リリースにアップグレードするのに約4年かかります。

Oracle は、Oracle Databaseの長期リリースの間に、次の長期リリースにも含まれる多くの機能強化と新機能を含むOracle Database革新リリースを提供します。革新リリースは、お客様が最先端のテクノロジーを継続的に使用して、新しいアプリケーションを迅速に開発または展開したり、既存のアプリケーションを強化したりできるように設計されています。革新リリースのサポートには2年間のプレミアサポートが含まれますが、延長サポートはありません。 2年以内に新しいリリースへのアップグレードが展開計画に含まれている場合、本番ワークロードを革新リリースに展開できます。

事前計画を支援するために、11.2以降のOracle Databaseリリースを取得し、各リリースの存続期間サポート・ステージ(プレミア、拡張)およびエラー修正ウィンドウを表示する視覚的なロードマップを次に示します。すべてのリリースが拡張サポート(12.2.0.1、18cなど)の対象となるわけではありません。

 

図 1 - Database リリース・ロードマップ 

Oracleは、2020年にお客様が直面しているかつてない経済的およびビジネスの混乱を認識しています。Database 20cプレビュー・バージョンをGeneral Availabilityに昇格させないことにしました。かわりに、20cのすべての機能を21cリリースに組み込み、21cをAutonomous Database Free Tierで使用できるようにして、すべての機能および拡張機能を無料でテストできるようにしました。

表 1 - ロードマップのパッチ終了日

リリース パッチ終了日

注意および例外

21c

革新リリース

 June 30, 2023
  • エラー修正/パッチはl June 30, 2023年6月30日まで利用できます.
  • 21c は延長サポート(ES)対象ではありません。
 

19c

長期リリース

April 30, 2024 ES/ULA なしの場合

April 30, 2027 ES/ULA ありの場合

  • プレミアサポート(PS)は2024年4月30日に終了し、2024年5月1日から2027年4月30日まで延長サポート(ES)料金が必要になります。
  • エラー修正/パッチは、2027年4月30日まで有償のESで利用できます。有償のESがない場合、パッチ適用は2024年4月30日までしか利用できません。

18c

革新リリース

Jun 08, 2021

  • エラー修正/パッチは2021年6月8日まで利用できます。
  • 18c は延長サポート (ES) 対象ではありません。

12.2.0.1

 

March 31, 2022 (限定的なエラー修正は Dec 1, 2020 から March 31, 2022)

  • エラー修正/パッチは2020年11月30日まで利用できます。
  • 限定的なエラー修正 (Sev 1 およびセキュリティアップデートのみ)    詳細については、<Note 2575014.1>を参照してください。
  • 12.2.0.1 は延長サポート (ES) 対象ではありません

12.1.0.2

ターミナル(最終)リリース

Jul 31, 2022 有償 ES, ULA, または EBS 免除ありの場合

  • プレミアサポート(PS)は2018年7月31日に終了し、1年間の無償延長サポート(ES)は2019年7月31日まで有効でした。
  • 2019年8月1日から2022年7月31日まで、ES料金またはULAが必要です。有償のESまたはULAがない場合、パッチ適用は2019年7月31日で終了します。
  • E-Businessのお客様には、グローバルなES料金の免除があります。詳細と有効期限は、Oracle E-Business Suite における Oracle Database 12.1 および 11.2 Extended Support 料金免除のお知らせ (Doc ID 2532552.1)またはテクニカルサポートポリシー・ドキュメントをご覧ください。

*延長サポート期間にさらに1年間(2021年8月1日から2022年7月31日まで)が追加されましたが、次のプラットフォームの例外が適用されます。MicrosoftWindowsとApple Macintoshは追加の年に含まれていません。 これらのプラットフォームの終了日は、2021年7月31日です。

12.1.0.1

Aug 31, 2016

  • エラー修正/パッチはこのリリースでは終了しています。
  • 12.1.0.1 は延長サポート (ES) の対象ではありません。
  • 12.1.0.1は、Standard Edition(SE)およびStandard Edition One(SE1)の最後のリリースでした。

11.2.0.4

ターミナル(最終)リリース

Dec 31, 2020 有償 ES, ULA, または EBS 免除ありの場合

Dec 31, 2022 (右に掲載されているMarket Driven サポート for DB Cloud Serviceありの場合)

Dec 31, 2020(Market Driven サポートありの場合のみ)

Dec 31, 2021 for OpenVMSプラットフォーム

  • プレミアサポート(PS)は2015年1月31日に終了し、1年間の無料延長サポート(ES)は2018年12月31日まで有効でした。
  • 2019年1月1日から2020年12月31日まで、ES料金またはULAが必要でした。ESの終わりに、Market Driven Support(MDS)がさらに2年間利用可能になります詳細については、https://www.oracle.com/a/ocom/docs/ds-mds-database-11g-r2.pdf のデータシートを参照してください。
  • E-Businessのお客様には、グローバルなES料金の免除があります。詳細と有効期限は、Oracle E-Business Suite における Oracle Database 12.1 および 11.2 Extended Support 料金免除のお知らせ (Doc ID 2532552.1) またはテクニカルサポートポリシードキュメントをご覧ください。
  • Gen 1およびGen 2 ExaCC、OCC DBCS、OCI DBCS、OCI ExaCSおよびODAには、3か月分の拡張サポートが含まれます。これらのプラットフォームでの11.2.0.4データベースの拡張サポートの終了: 31 - March 2021。新しいインスタンスは、拡張サポートが終了するまで作成できますが、Oracleでは、サポートの終了後も11.2.0.4 DBCSインスタンスが引き続き実行されるというコミットは行われません。
  • Market Drivenサポートは次のDatabase Cloud Serviceに対して提供されます。Database Cloud Services Gen 1およびGen 2 ExaCC、OCC DBCS、OCI DBCS、OCI ExaCSでのみ使用できます。新しいインスタンスは、Market Drivenサポートが終了するまで作成できます。Oracleでは、MDSサポートの終了後も11.2.0.4 DBCSインスタンスが引き続き実行されるというコミットは行われません。Market Drivenサポートは、OCI - C DBCSおよびOCI - C ExaCSでは使用できません。
  • 11.2.0.4は、OpenVMSのターミナルリリースです。2021年のカレンダ年に、お客様は、プレミアサポートの標準コストを超えた追加料金が不要な重大度1のフィックスとセキュリティアップデートを受け取ります。カバレッジは、新しい動作保証、サード・パーティ製品、またはデータベースに埋め込まれたJavaコンポーネントを含むJava/JDK機能には適用されません。また、暗号化およびネットワーク暗号化に関連する更新も除外されます。この製品には、標準のセキュリティ・パッチ・アップデート(SPU)は含まれていません。

 


推奨アップグレードパス

Oracle は次のアップグレード・オプションを推奨します。:

Oracle E-Business Suite、Oracle JD Edwards、Oracle PeopleSoft、Oracle Siebelなどの他のOracle製品とのサーティフィケーションの組み合わせおよびライフタイムサポート契約に関する質問については、Oracleアカウント担当者にお問い合わせください。


Oracle データベース・リリース・スケジュール

特に指定のない限り、これらはサーバー・リリースです。 サーバー・リリースには、常にネイティブのワードサイズのクライアント(64ビットなど)が含まれます。プラットフォームがサポートしている場合、32ビットおよび64ビットクライアントもリリースの一部です。

表 2 - Database リリース・スケジュール

Platform

21c

革新(Innovation )リリース

19c

長期(Long Term)リリース

18c 12.2.0.1 12.1.0.2 12.1.0.1 11.2.0.4

Oracle Public Cloud リリース

Exadata Express Cloud Service Not Planned  Not Planned Not Planned 18-Sep-2016 N/A
Database Cloud Service1  

8-Dec-2020

available on VM (RAC or single-instance)

and BM (single-instance)

OCI DB System - VM: Jul-2019

OCI DB System - Bare Metal: April 2020

1-Mar-2018 4-Nov-2016 Sep-2014 N/A Sep-2014  
Exadata Cloud Service1  TBA 19-Jun-2019 Jun-2018 4-Nov-2016 Oct-2015 N/A Oct-2015  
Exadata Cloud at Customer1  TBA 17-Sep-2019 May-2018 2-May-2017 Dec-2016 N/A

オンプレミス Engineered Systems

(他のプラットフォーム用にリリースされたものと同じソフトウェアですが、エンジニアドシステムでテスト済み)
Oracle Database Appliance  TBA Oct 2019 7-Mar-2018 17-Nov-2017 Apr 2014 N/A Oct 2013  
Exadata  1HCY2021 13-Feb-2019 16-Feb-2018 10-Feb-2017 Oct 2014 Mar 2013 Nov 2013  
Supercluster  TBA

CY2020

12-Mar-2018 10-Feb-2017 Nov 2014 Apr 2014 Dec 2013  

オンプレミス・サーバー・リリース (クライアント含む)

(Download here)

Linux x86 Not planned Not planned Not planned Not planned Not planned Not planned 28-Aug-2013
Linux x86-64  1HCY2021 25-Apr-2019 23-Jul-2018 1-Mar-2017 22-Jul-2014 25-Jun-2013 27-Aug-2013
Oracle Solaris SPARC (64-bit)  TBA 26-Apr-2019 30-Jul-2018 1-Mar-2017 22-Jul-2014 25-Jun-2013 29-Aug-2013
Oracle Solaris x86-64 (64-bit) Not Planned 

07-Nov-2019

最終(Terminal) リリース

6-Aug-2018 1-Mar-2017 22-Jul-2014 25-Jun-2013 29-Aug-2013
Microsoft Windows x64 (64-bit)  1HCY2021 08-Jun-2019 21-Aug-2018 16-Mar-2017 25-Sep-2014 9-Jul-2013 25-Oct-2013
OpenVMS Itanium Platform desupported  Platform desupported  Platform desupported  Platform desupported  Platform desupported  Platform desupported  Terminal Release
HP-UX Itanium7  TBA 28-May-2019 20-Nov -2018 13-Apr-2017 14-Nov-2014 9-Jan-2014 10-Oct-2013

HP-UX PA-RISC (64-bit)

 Platform desupported  Platform desupported Platform desupported Platform desupported Platform desupported Platform desupported 2-Jan-2014
IBM AIX on POWER Systems  TBA 28-May-2019 20-Nov -2018 13-Apr-2017 14-Nov-2014 9-Jan-2014 10-Oct-2013
IBM Linux on System z  TBA 06-June-2019 20-Nov -2018 6-Jun-2017 14-Nov-2014 9-Jan-2014 9-Jan-2014
Microsoft Windows (32-bit)  Not planned

Client only - June 2019

Not planned Not planned Not planned Not planned 25-Oct-2013
Platform  21c 19 18 12.2.0.1 12.1.0.2 12.1.0.1 11.2.0.4

インスタンス・クライアントのみのリリース

Apple macOS (Intel) download
   10-Sept-2019  Mar-2018 15-Jan-2018 2016 Not planned 20-Apr-2014
Download

IBM Linux on POWER (Big Endian)

 

        18-Dec-2015 (download)   4-Dec-2014

IBM Linux on POWER (Little Endian)

download

 

 Jul-2019

download

31-Oct-2018
(download)

7-Jun-2017 (download) 18-Dec-2015
(download)
   

1 Oracle Database Cloud Service、Exadata Cloud ServiceおよびExadata Cloud@Customerは、前述の表1 (たとえば、11.2.0.4 MDS)に記載されていないかぎり、オンプレミス日付と同じサポート・ライフ・スケジュールおよびエラー修正スケジュールに従います。また、Extended Supportはこれらのサービスにバンドルされており、追加料金は必要ありません。これらのサービスはSustaining Supportの対象ではないため、エラー修正日の終了時に中止されることになります。

 

References for Client-Only:
https://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/oracle19c-linux-5462157.html
https://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/downloads/oracle19c-windows-5539283.html

32-bit Linux & Windows Instant Clients,

https://www.oracle.com/database/technologies/instant-client/linux-x86-32-downloads.html

https://www.oracle.com/database/technologies/instant-client/microsoft-windows-32-downloads.html

 

 

用語:


 

アクション

 この文書に掲載された日付は、計画と議論の目的のみのためのものです。

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
詳細
 新着情報
 Oracle Database リリース・ロードマップ
 推奨アップグレードパス
 Oracle データベース・リリース・スケジュール
 Oracle Public Cloud リリース
 オンプレミス Engineered Systems
 オンプレミス・サーバー・リリース (クライアント含む)
 インスタンス・クライアントのみのリリース
アクション
コンタクト
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.