My Oracle Support Banner

IaaS 要対応: Oracle Cloud Infrastructure (OCI) Classic上のLinux Serversに関する重要な修正 (Doc ID 2416663.1)

Last updated on JULY 05, 2018

適用範囲:

Oracle Compute Cloud Service - バージョン N/A 以降
Linux x86-64 on Oracle Public Cloud
上の“Linux x86-64”は“Oracle Linux x86-64”のみに関係します。

目的

本推奨事項は、IaaS Compute Imagesのみに適用されます。

PaaSのお客様はこれを適応すべきではなく、代わりに特定のPaaSサービスのOS patching手順に従う必要があります。それらは様々なPaaSサービスにより異なります。

 

以下の設定は、Oracle Cloud Infrastructure Classic (OCI-C)上でOracle Linux guest virtual machinesを動かしている場合に必要となります。

これらの推奨事項に従っていない場合、著しく低速なIO、不安定性、場合によってはVMのハングが発生する恐れがあります。

注: これらの全ての設定は17.3.4以降のCompute Oracle Linux Imagesで可能です。それはLinux VMを作る際のデフォルトの選択です。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 予防的対応:
 必要な対応 - 全ステップを適用する必要があります:
 1.  新しいVMを作る際、6.6より前のOLバージョンを使用しないことが強く推奨されます。
 2. kernel-uekを最新版に更新します。
 3.  UEK3とUEK4 Based ImagesのIOと安定性の改善のため、Ring buffer Fixを適用します。
 3.1 UEK3の例
 3.2 UEK4の例

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.