My Oracle Support Banner

SQLT (SQLTXPLAIN) の使用方法: 行データなしでテストケースを作成する (Doc ID 2458527.1)

Last updated on OCTOBER 11, 2018

適用範囲:

Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.1.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1470811.1> (最終メジャー更新日: 2018年08月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

SQLTツールを使用して問題のテストケースを作成する方法を説明し、実際の環境からの解決策を調査したり、サポートに情報を提供したりすることができます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 はじめに
 SQLT テストケース操作
 SQLT テストケース (TC) の実装
 準備
 エクスプレス (XPRESS) モード
 カスタム・モード
 SQLT依存性のないテストケースの作成
 複数のスキーマでのオブジェクトの処理
 "sqlt_s68619_metadata.sql" スクリプトを変更します
 必要なスキーマの作成
 変更されたメタデータスクリプトを使用してテストケース・セットアップスクリプトを実行します
  SQL テストケース・ビルダー
 その他の有用なリファレンス
 SQLT について質問をしたり、支援を得たり、経験を共有することができます
 DSQLTについて議論する
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.