My Oracle Support Banner

ORA-04020 デッドロック: 最も一般的な原因 (Doc ID 2601059.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントでは、ORA-04020デッドロックの最も一般的なシナリオと、それらを回避する方法の概要を説明します。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 ORA-04020エラーが発生する原因
 1. セルフ・デットロック
 トリガーの再コンパイルにより、ORA-04020 が発生する場合があります
 循環依存コードのコンパイル
 ORA-4020 ファンクション索引付きの表の削除でのセルフ・デッドロック
 %TYPE の使用によるファンクション索引の作成時の ORA-04020
 INDEX ONLINE オプションを使用した ALTER TABLE コマンドが失敗する
 DBCA スクリプトに、正しい "ORACLE_SID=PIPPO" ではなく、エラー "ORACLE_SID PIPPO" が含まれている
 シノニムを切り捨てると、ORA-942: "表またはビューが存在しません" ではなく、ORA-04020 "デッドロックが検出されました" が発生します
 2. 同時セッション間のデッドロック
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.