My Oracle Support Banner

RMAN のバックアップベースの失敗した Duplicate の手動での完了 (Doc ID 2639013.1)

Last updated on FEBRUARY 24, 2020

適用範囲:

Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.1.7.4 以降
Enterprise Manager for Oracle Database - バージョン 11.2.0.4 から 11.2.0.4 [リリース 11.2]
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Checked for relevance on 01-JUL-2015

目的

この Note の目的は、不完全な duplicate、その結果、および関連する問題の解決方法について説明することです。

類似の FROM ACTIVE DATABASE の duplicate の問題をハンドリングするドキュメントは以下です:

   <Note 1602916.1> Manual Completion of a Failed RMAN Duplicate FROM ACTIVE DATABASE

対象

この記事は、データベース管理者、およびクローンデータベースの継続的な作成と管理を担当するバックアップとリカバリのスペシャリストを対象としています。

フェーズ1 の障害からのすべての手動完了手順は、10gR2 でテストされていますが、9i および 8i にも適用できます。

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 1. フェーズ 1 の手動完了: Restore
 2. フェーズ 2 の手動完了: 制御ファイルの作成
 3. フェーズ 3 の手動完了: リカバリ
 4. フェーズ 4 の手動完了: 制御ファイルのリカバリ
 5. フェーズ 5 の手動完了: Resetlogs でオープンする。
 6. 最終アクション
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.