My Oracle Support Banner

Planning Cloud: ユーザ削除後に強制的にユーザの同期を実行するとエラーが発生 (Doc ID 2673958.1)

Last updated on MAY 27, 2020

適用範囲:

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service - バージョン 20.03.50 から N/A [リリース 20.0 から 11.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

ユーザ削除後に、Document 2278055.1 の手順に従って強制的にユーザの同期を実行します。
LCMをインポートした際に、エラーが発生します。

エラー:
EPMLCM-14000: Error reported from Core Platform.
同期中にエラーが発生しました: [The following user already exists in this application: <USERNAME>]

ドキュメント:
Document 2278055.1 [PBCS] PBCSアプリケーションで強制的にユーザーの同期を行う方法について

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.