My Oracle Support Banner

税率の勘定設定において、控除対象税勘定と税負債勘定に同一の勘定を設定することが出来ない (Doc ID 2688176.1)

Last updated on AUGUST 24, 2020

適用範囲:

Oracle Fusion Tax Cloud Service - バージョン 11.1.11.1.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

税率の勘定設定において、控除対象税勘定と税負債勘定に同一の勘定を設定すると税負債勘定入力時に以下のエラーが発生する

エラー
-----------------------
この組合せは使用できません。この組合せは存在しないか、ここでの使用は許可されていません。

期待される動作
=================
控除対象税勘定と税負債勘定に同一の勘定を設定することが可能となる


再現手順
==================
以下の処理ステップで当該事象が再現される:
1. 設定と保守画面に進む
2. 税率および税金控除率の管理 タスクを検索する
3. 税率を検索する
4. 税率を選択し、編集ボタンを押す
5. 税勘定タブに以下の項目がある:
 - 控除対象税勘定
 - 税負債勘定
6. 控除対象税勘定と税負債勘定に同一の勘定を設定するとエラーが発生する



変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.