My Oracle Support Banner

/etc/oci-hostname.confにPRESERVE_HOSTINFO=2を設定しても/etc/resolv.confの上書きが防げない (Doc ID 2710445.1)

Last updated on OCTOBER 25, 2020

適用範囲:

Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
Linux x86-64

現象

OCI上のLinuxインスタンスにて、/etc/oci-hostname.conf に PRESERVE_HOSTINFO=2 を設定しても、リブートまたはネットワーク再起動時に /etc/resolv.conf の上書きが防げません。

オンラインヘルプドキュメントはこちらです。 https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Network/Tasks/managingDHCP.htm?Highlight=dhcp options

/etc/resolv.confファイルに加えた変更は、DHCPリースの更新やインスタンスの再起動のたびに上書きされます。
/etc/hostsファイルに加えた変更は、DHCPリースの更新やインスタンスの再起動のたびに上書きされます。変更内容を/etc/hostsファイルに永続化するには、次の行を/etc/oci-hostname.confに追加します:
PRESERVE_HOSTINFO=2

 

変更点

/etc/resolv.conf を手動で変更する。

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.