My Oracle Support Banner

IDCS: 監査イベント REST API を使用してすべての監査イベントを取得する完全な方法 (Doc ID 2723069.1)

Last updated on OCTOBER 27, 2020

適用範囲:

Identity Cloud Service (IDCS) - バージョン N/A から N/A
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントでは、監査イベント API を使用して Oracle Identity Cloud Service (IDCS) からすべての監査イベントを取得する完全な方法を説明します。

完全な監査ログは、<Document 2400030.1> で説明される予期しないアカウント・ロックのような問題を調査するときに役に立ちます。eventId などでフィルタすると、調査に必要な情報が取得できない場合があります。また、監査ログはデフォルトで 1000 件までしか出力されないため、必要なログを取得できない場合があります。このドキュメントの手順では、IDCS が持つすべての監査ログを取得します。必要に応じて監査ログをフィルタしてください。

監査イベント API の詳細は次のリファレンスを参照してください。

REST API for Oracle Identity Cloud Service
- Using the Audit Event APIs (日本語翻訳版)
- Search Audit Events (日本語翻訳版)

NOTE:
- このドキュメントは IDCS バージョン 20.1.3 をもとに作成されました。将来のバージョンで変更が生じる場合があります。
- 上記リファレンスなどの IDCS ドキュメントの日本語翻訳版は情報が古い場合があるため、最新情報として原本の英語版をあわせてご参照いただくことをおすすめいたします。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 はじめに
 CURL コマンドの準備
 アクセス・トークンの取得
 監査イベント REST API リクエストの送信
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.