My Oracle Support Banner

インスタンス排除に関する問題の上位5 (Doc ID 1551325.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 から 11.2.0.3 [リリース 10.2 から 11.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1374110.1 (最終更新日: 2013年05月01日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

本ノードは、インスタンス排除を引き起こす上位問題について、DBAに簡単な要約を提供する目的で作成されている。

対象

DBAs

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 問題#1: インスタンスがクラッシュ/排除された原因で、alert.logにora-29740が出力される。
 現象:
 考えられる原因:
 解決策:
 問題#2:インスタンスがクラッシュ/排除される前に、alert.logに"ipc send timeout"エラーが出力される。
 現象:
 考えられる原因:
 解決策:
 問題#3 インスタンスがクラッシュ/排除される前に、問題インスタンスがハングする。
 現象:
 考えられる原因:
 解決策:
 問題#4 一つ以上びインスタンスがクラッシュ/排除される前に、alert.logに"Waiting for clusterware split-brain resolution"が出力される。
 現象:
 考えられる原因:
 解決策:
 問題#5  問題インスタンスは、他のインスタンスより排除できなかった原因で、CRSよりKillされる。
 現象:
 考えられる原因:
 解決策:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.