My Oracle Support Banner

オペレーティング・システム(OS)管理者向けのAutomatic Storage Management (ASM)マスター・ノート (Doc ID 1558137.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このマスター・ノートは、Oracle 自動ストレージ (ASM)環境用のオペレーティング・システム(OS)の管理に関連して頻繁に使用されている My Oracle Support ノートの索引および参照を提供するためのものです。このマスター・ノートは、特定のプラットフォーム用のノートを簡単にアクセスおよび参照するために、カテゴリ毎に分けられます。
こちらには、以下のトピックを含んでいます。すべてのプラットフォーム


一般的なオペレーティング・システム(OS)の要件
問題
自動ストレージ管理(ASM)の構成
記憶域のマルチパス化

Linux x86-64
問題
自動ストレージ管理(ASM)の構成
     ASMLIB/マルチパス化
問題
        ASMLIB/マルチパス化の構成

Solaris
問題
自動ストレージ管理(ASM)の構成
マルチパス化

HP-UX
問題

IBM AIX
問題
マルチパス化

Microsoft Windows
問題
自動ストレージ管理(ASM)の構成
マルチパス化

IBM Linux on Z
問題
自動ストレージ管理(ASM)の構成

対象

このドキュメントは、 Oracle Automatic Storage Management (ASM)のストレージ・デバイスを管理する(オペレーティング・システムOS)管理者を対象としています。
この記事を読み取る前に、ユーザーは、オペレーティング・システム(OS)について十分に理解しておく必要があります。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 すべてのプラットフォーム
 Linux x86-64
 Solaris
 IBM AIX
 Microsoft Windows
 IBM Linux on Z
 関連リソース
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.