My Oracle Support Banner

Linux/Unixで11gR2 Grid Infrastructure(CRS)のアップグレードに失敗した場合の対処方法 (Doc ID 1558544.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 から 11.2.0.3 [リリース 11.2]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Generic Linux
Generic UNIX

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 969254.1 (最終更新日: 2014年02月05日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

このNOTEでは11.2 Grid Infrastructureへのアップグレードが失敗した場合の対処方法を説明します。

各処理を実行する前にドキュメント全体を確認し、理解することを強くお薦めします。

対象

このドキュメントは Oracle Clusterware/RAC Databaseの管理者とOracle サポートエンジニアを対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 このNOTEで使用される略語、条件およびプロシージャ
 OUIの失敗
 Grid Infrastructure Cluster rootupgrade.shの失敗
 Grid Infrastructure Standaloneのrootupgrade.shの失敗
 OUIプラグインの失敗
 アップグレード後の古いClusterwareホームの削除
 アップグレード前のクラスタウェア・ホームへのパッチの適用
 Community Discussions
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.