My Oracle Support Banner

Oracle Database 12.1(12C) からダウングレード後に QT_*BUFER ビューが無効になる (Doc ID 1580940.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
重要な注意点としては、カレントバージョンからアップグレード前バージョンにダウングレードしたデータベースインスタンスはアップグレード前のデータベースと同じ状態には戻らないということです。バージョンによっては、アップグレードプロセスにおいて元に戻すことができない変更を加えています。ダウングレードプロセスは、ユーザが旧バージョンのデータベースインスタンスをオープンし、アクセスすることを可能にします。これは通常十分な状態です。ダウングレードしても解決しない問題が発生した場合には、追加で是正措置(アンインストール、再インストールや、再度カレントのパッチセットレベルまでインストールするような)を行う必要があるかもしれません。もし、ゴールが正確にアップグレード前のインスタンスの状態に戻すことであれば、アップグレード前にリカバリすることを含めた他の方法を使用してください。


本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1520209.1 (最終更新日: 2013年06月26日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

現象

正常にアップグレードした12C から、元の 11.1 または 11.2 へダウングレードすると、幾つかの QT_*BUFER ビューが無効になる可能性があります。

オブジェクト数は、バージョン間または同じバージョン内で変わります.通常は1です。

無効なオブジェクトの例は次のとおりです:

11.1:

There are 1 Invalid objects

OWNER        OBJECT_NAME                              OBJECT_TYPE

------------ ---------------------------------------- ----------------------------------------

SYS          QT103707_BUFFER                          VIEW

1 row selected.

 

11.2:

There are 1 Invalid objects

OWNER        OBJECT_NAME                              OBJECT_TYPE

------------ ---------------------------------------- ----------------------------------------

SYS          QT105853_BUFFER                          VIEW

1 row selected.

変更点

 12c ダウングレード・プロセスにより QT_*BUFFER ビューが無効になる。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.