My Oracle Support Banner

11.2 RMAN上の上位の問題 (Doc ID 1589940.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 から 11.2.0.3 [リリース 11.2]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1473914.1 (最終更新日: 2013年08月24日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

このドキュメントは11.2での上位のRMANの既知の問題について紹介します。目的は、お客様、エンジニア、および RMAN を実装したい皆様に注目していただくことです。

対象

DBA、サポートエンジニアと技術管理者に向けです。11.2. x.x.x で報告された RMAN の既知の問題を紹介します。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 11.2 RMAN上の問題
 11gR2構造変更におけるRMAN設定の影響
 1.スナップショット/バックアップ制御ファイルの場所は、 RAC環境で場所を共有する必要があります。
 2.構造変化後、MMONプロセスは制御ファイルの自動バックアップを取得します。
 3.ディスクへのリカバリ領域のバックアップが可能です。
 11gR2の RMAN 安定性に影響する問題
 1.BUG 9877980: SR11.2.0.2CSHAR_FORCE - TRC - KKSLMARKLITERALBINDS
 2.Bug 8482162: SNAPSHOT CONTROLFILE STILL NEED NOAC ON NFS MOUNT POINT
 3.Bug 9577583: FALSE ORA-942 OR OTHER ERRORS WITH MULTIPLE SCHEMAS HAVING IDENTICAL OBJECTS
 4.BUG 10635701 - BACKUP OF FRA CONSUMES 15GB OF PGA AND FAIL WITH ORA-4030
 5.BUG 12370722 - CATUPGRD.SQL HANGS WITH ARCH ERROR ORA-600 [KRR_HIGHEST_SCN_TIM_8]
 6.BUG 10170431 - CTWR CONSUMING LOTS OF CPU CYCLES
 7.BUG 13000553 - RMAN BACKUP FAILS WITH RMAN-20999 ERROR AT STANDBY DATABASE
 8.BUG 12312133 - RMAN INCREMENTAL BACKUP WITH BLOCK CHANGE TRACKING MAY CAUSE STANDBY DB CRASH
 9.BUG 10318078 - RMAN COREDUMPS ON EXIT : BACKUP (TO TAPE) COMPLETES SUCCESFULLY
 10.BUG 13602883 - BLOCK CHANGE TRACKING NOT USED FOR INCREMENTAL BACKUPS
 11.MML 非互換の問題: Oracle 11.2 を使用しRMANでテープへバックアップまたはリストア中に ORA-07445 [Strcpy()+48] が発生します。
 12. Bug 11694127 - RMAN DUPLICATE が "UNTIL TIME" の日付の TIME の部分を反映しません [ID 11694127.8]
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.