My Oracle Support Banner

データベース・パフォーマンス問題の診断のための AWR レポートの使用方法 (Doc ID 1592080.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている NOTO:1359094.1 (最終更新日: 2014年02月27日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

この文書は特にデータベースのパフォーマンス問題のためにAWR情報を解析する方法のガイダンスを提供することを目標としています。

Automatic Workload Repository の任意の部分から、レポートを作成したり、AWR ビューにアクセスしたり、診断情報を使用するためには、Diagnostic Pack ライセンスが必要になります。

注意: Oracle Diagnostics Pack(および Oracle Tuning Pack) は Enterprise Edition のみ利用可能です。パックのライセンスについての詳細は次のドキュメントを参照してください。:

Oracle® Database ライセンス情報
12c リリース 1 (12.1)
部品番号 B71334-01
1章 Oracle Database のエディション
エディション別の使用可能な機能
http://docs.oracle.com/cd/E49329_01/license.121/b71334/editions.htm#CJACGHEB

 

ベスト・プラクティス

プロアクティブに問題を回避し、診断情報を収集する

いくつかの問題は予期しないものかもしれませんが、十分早い段階で兆候を検知すれば、多くのケースで問題は回避できます。また、問題が発生しても、出来事の後にその問題に関する収集情報は使用しません。AWR レポートはこのような診断の収集のためにサポートが推奨する方法の一つです。示唆する用途や、他の事前の準備や診断方法に関する情報は、次のドキュメントを参照してください。:

<Document 1642039.1> ベスト・プラクティス:データベースと問い合わせのパフォーマンス問題を事前に回避する
<Document 1646029.1> ベストプラクティス: パフォーマンスの問題のための事前データ収集

この文書について質問したり、支援を得たり、経験を共有するには

Oracle のお客様や社員、インダストリのエキスパートとこのトピックについて更に調査したいですか?

ここ をクリックし、この文書について質問をしたり、支援を得たり、経験を共有するためにディスカッションに参加してください。
ここ をクリックし、データベース・チューニングの My Oracle Support コミュニティ・ページにアクセスし、他のアーティクルについてのディスカッションや有効なサブジェクトを発見してください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 ベスト・プラクティス
 プロアクティブに問題を回避し、診断情報を収集する
 この文書について質問したり、支援を得たり、経験を共有するには
解決策
 AWR Webキャスト
 解析
 Top 5 Timed Events
 SQL Statistics
 解析:
 他の SQL Statistic セクション
 Waits for 'Cursor: mutex/pin'
 Load Profile
 Instance Efficiency
 Latch Activity
 注目すべき時間と待機イベント::
 CPU time イベント
 解析:
 他の潜在的なCPU関連の問題:
 高いCPU 時間イベントに続く他の待機がないかどうかを確認してください。
 高い外部プロセスのCPU使用率
 CPU使用率のトラブルシュート
 'Log file sync' waits
 Buffer busy waits
 他の問題のトラブルシューティング
 AWR と共に ADDM レポートの使用
 他の AWR リファレンス文書
 Statspack
 データベース・パフォーマンス問題の診断のための AWR レポートの使用方法についてのディスカッション
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.