My Oracle Support Banner

RACcheck 構成監査ツールの方向性 - ORAchk への名前変更 (Doc ID 1618073.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 から 12.1.0.1 [リリース 10.2 から 12.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
HP-UX PA-RISC (64-bit)
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)
HP-UX Itanium
Linux x86-64
IBM AIX on POWER Systems (64-bit)
Oracle Solaris on x86-64 (64-bit)

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1591208.1 (最終更新日: 2014年02月05日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

Oracle RACcheck 構成監査ツールは Oracle Real Application Clusters (RAC) 環境での使用のために独自に開発されました。しかし、RACcheck の範囲は、最大可用性アーキテクチャ(MAA)、単一インスタンスの非 RAC データベース、Oracle Golden Gate、近い詳細に計画された他の製品や機能をカバーするために拡張されてきました。そのため、RACcheck ツールの名前はより正確にこのツールの範囲と有効性を反映するために、ORAchk に変更されます。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
詳細
 
 フィードバックおよびサポート
 コミュニティ・ディスカッション
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.