My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance V2.2.*/V2.3.1/V2.4.0/V2.5.0 における各種ソフトウエア/サービスの実行ノード (Doc ID 1638846.1)

Last updated on SEPTEMBER 12, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance Integrated Software - バージョン 2.2.0 から 2.5.0 [リリース 2.2 から 2.5]
Big Data Appliance X3-2 Starter Rack - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Big Data Appliance X4-2 Starter Rack - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Big Data Appliance X3-2 In-Rack Expansion - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Big Data Appliance X3-2 Hardware - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1575442.1 (最終更新日: 2014年6月13日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

本ドキュメントでは、Mammoth バージョン 2.2.*、 2.3.1、2.4.0 あるいは 2.5.0 を使用して、Oracle Big Data Appliance (Sun Fire X4270 M2、 Oracle Big Data Appliance X3-2 あるいは Oracle Big Data Appliance X4-2 ) のスターターラック、フルラック あるいは複数ラックにインストールを行った場合、各CDH サービスのソフトウェアはどのノードに配置されるのかを説明します。

対象

 本ドキュメントは、BDA 管理者および開発者を対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 概要
 単一ラック構成のクラスタ
 複数ラック構成のクラスタ
 ラック内拡張ハードウエアを追加した場合の各ソフトウエアの配置
 Oracle NoSQL データベースのインストール

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.