My Oracle Support Banner

RMAN でデータベース内の全ての破損オブジェクトを特定する方法 (Doc ID 1671172.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.1.7.0 から 12.1.0.2 [リリース 8.1.7 から 12.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Gen 1 Exadata Cloud at Customer (Oracle Exadata Database Cloud Machine) - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

RMAN を使用してデータベースの全ての破損セグメントを特定します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 手順 1: 破損ブロックの特定
 手順 2: 破損セグメントの特定
 12c で破損 NOLOGGING ブロックの特定
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.