My Oracle Support Banner

11g 新機能 V$Database_block_corruption 機能強化および RMAN Validate コマンド (Doc ID 1671178.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.6 から 11.1.0.6 [リリース 11.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 09-Aug-2013***

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 471716.1 (最終更新日: 2013年08月09日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。


目的

このセクションでは RMAN Validate コマンドと v$database_block_corruption への情報の入り方についての基本的なコンセプトについて説明します。

このノートは以下をカバーしています。 : 

1) v$database_block_corruption への情報の入り方

2) RMAN Validate コマンドと新機能

対象

RMAN および V$database_block_corruption の機能の知識を有する DBA

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.