My Oracle Support Banner

11.2.0.2 Grid Infrastructure/ASM へアップグレードする前の考慮事項 (Doc ID 1680009.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2 から 11.2.0.2 [リリース 11.2]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1312225.1 (最終更新日: 2014年03月12日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

この文書は、11gR2 Grid Infrastructure へスムーズにアップグレードできるように、既知の問題や考慮すべき事項をリストします。

対象

この文書は、Oracle クラスタウェアの管理者およびOracleサポートエンジニアが対象です。

Exadataの場合、下記のノートを参考してください:

<note 1315926.1> - 11.2.0.1 to 11.2.0.2 Database Upgrade on Exadata Database Machine

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 既存のクラスタウェアを検証する
 クラスタウェア・ホームのアップグレード前のパッチ
 ローリング・アップグレード関連:
 OUI を開始し、GI 11.2.0.2 をインストール
 rootupgrade.sh を実行する前に 11.2.0.2 GI パッチの適用
 新しい GRID_HOME から rootupgrade.sh を実行
 rootupgrade.sh 実行後に 11.2.0.2 GI パッチの適用
 その他
 スケーラビリティ RAC コミュニティ
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.