My Oracle Support Banner

SQLの実行計画に実行統計を併記して表示する方法(DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR)(KROWN:141531) (Doc ID 1749298.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

DBMS_XPLANパッケージのDISPLAY_CURSOR関数を使用すると、SQL文の実行計画とそのSQLを実行した際の実行統計の情報を併記して表示することが可能です。
この機能を利用することで、コストベース・オプティマイザ(CBO)の見積もりが適切であるかを確認したり、メモリ不足によって作業効率が悪くなっていないかを確認したりすることができます。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.