My Oracle Support Banner

TNS-12518、TNS-12560 が発生し、新規接続を行うことができない状態となる(KROWN:152677) (Doc ID 1755502.1)

Last updated on FEBRUARY 22, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 から 11.2.0.2 [リリース 11.2]
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 から 10.2.0.5 [リリース 10.2]
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.6 から 11.1.0.7 [リリース 11.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
Microsoft Windows (32-bit)
Microsoft Windows Itanium (64-bit)

現象

以下のように、BEQ 接続、リスナー経由の両方で、新規接続を行うことができ
ない状態となる。

 1. BEQ 接続時に TNS-12560 が返り、新規接続が行えない。

    現象が発生した時のエラー出力例:

     TNS-12560: TNS: プロトコル・アダプタ・エラー

 2. リスナー経由の接続時に、クライアントに TNS-12518、TNS-12560 が返り
    リスナーログにも同エラーが記録され、新規接続が行えない。

    現象が発生した時のエラー出力例:

     TNS-12518: TNS: リスナーはクライアント接続をハンドオフできません。
     TNS-12560: TNS: プロトコル・アダプタ・エラー

また、CJQ プロセスなどのバックグランド・プロセスが、スレーブ・プロセス
を起動できない状態になります。

- 現象が発生した時のエラー出力例:

    1) ジョブキュー・スレーブ・プロセスが起動できなかった場合のアラー
       トログの出力例。

       ORA-00445: バックグラウンド・プロセス"J000"が120秒後に起動しませんでした。
       Incident details in: <ファイルパス>
       kkjcre1p: unable to spawn jobq slave process

    2) CJQ プロセスのトレースファイル内に出力される Call Stack Trace
       の出力パターン

       sskgmfindrealm <- skgmattach <- ksmlsge_phaseone <- opimai_init

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.