My Oracle Support Banner

CURSOR_SHARING = FORCE / SIMILAR 設定時、または、動的サンプリングが使用された場合に ORA-4025 が発生する(KROWN:166050) (Doc ID 1768087.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 から 12.1.0.1 [リリース 12.1]
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2 から 11.2.0.3 [リリース 11.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
※ 11.2.0.1 以前では発生しません

現象

 11.2.0.2 以降のリリースにおいて、CURSOR_SHARING = FORCE / SIMILAR 設定時、
または、動的サンプリングが使用された場合に library cache lock の数が増加
する。

事象発生時の librarycache dump を採取すると ActiveLocks の数が非常に多く
なっていることが確認できます。

Statistics: InvalidationCount=0 ExecutionCount=0 LoadCount=0
ActiveLocks=28095 TotalLockCount=28095 TotalPinCount=0
~~~~~~~~~~~~~~~~~

この ActiveLocks の数が 65535 に達すると ORA-4025 が発生します。

変更点

 次の条件を満たす場合に発生する場合があります。

CURSOR_SHARING パラメータが FORCE または SIMILAR に設定されている

または

動的サンプリングが有効となっている
(動的サンプリングはデフォルトで有効となっています)

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.