My Oracle Support Banner

同一マシンへの クライアントインストール後、ORACLE_HOME の権限が変化する(KROWN:166073) (Doc ID 1768110.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 から 12.1.0.2 [リリース 12.1]
Microsoft Windows x64 (64-bit)

現象

 

 同一マシンの 同一 ORACLE_BASE へのクライアントインストール後、ORACLE_BASE
以下のディレクトリの権限が変化する

例:

* クライアント インストール前の DB_HOME

icacls [ORACLE_HOME ディレクトリ]

D:\oracle\product\12.1.0\dbhome_1 BUILTIN\Administrators:(OI)(CI)(F)
NT AUTHORITY\SYSTEM:(OI)(CI)(F)
マシン名\ユーザ名:(OI)(CI)(F)
NT AUTHORITY\Authenticated Users:(OI)(CI)(RX)

* クライアント インストール後の DB_HOME

D:\oracle\product\12.1.0\dbhome_1 BUILTIN\Administrators:(OI)(CI)(F)
NT AUTHORITY\SYSTEM:(OI)(CI)(F)
マシン名\ORA_OraClient12Home1_32bit_SVCSIDS:(OI)(CI)(F)
マシン名\ユーザ名:(OI)(CI)(F)

==> NT AUTHORITY\Authenticated Users がなくなります。

※ インストールタイプの組み合わせによっては diag ディレクトリの権限が変化し、
起動に失敗し、接続ができなくなるケースも報告されています。

SQL> startup
ORA-48146: missing read, write, or exec permission on directory during ADR initialization [D:\oracle\diag\rdbms\ora12c] [0]
ORA-48187: specified directory does not exist
OSD-00002: 追加エラー情報
O/S-Error: (OS 5) アクセスが拒否されました。

SQL> connect user/passwd
ORA-12560: TNS: プロトコル・アダプタ・エラーが発生しました

変更点

1) すでに Oracle Database または 64 bit のクライアントがインストール済み
2) 1) と同一 ORACLE_BASE 上に 32 bit クライアントをインストール

※ Oracle 12c 以下のインストールとの組み合わせでも問題が発生する場合があります。
※ 本事象は Oracle Database Server と Oracle Database Client の組み合わせ
のみで発生するのではなく、64bit/32bit 混同の場合、Oracle Database と
Oracle Client のいずれかの組み合わせで発生する可能性があります。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.