My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance V3.*/V4.* 上の HDFS にアクセスする CDH5 クライアントのダウンロード/インストール/セットアップ手順 (Doc ID 1902028.1)

Last updated on OCTOBER 01, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance Integrated Software - バージョン 3.0 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1671803.1 (最終更新日: 2018年7月8日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

本ドキュメントでは、あるシステムを Apache Hadoop を含む Cloudera Distribution (CDH5) のクライアントとして構成し、Oracle Big Data Appliance (BDA) V3.*/V4.* リリース上の Hadoop Distributed File System (HDFS) へアクセスし、MapReduce ジョブを送信する手順について説明します。

対象

 Oracle Big Data Appliance (BDA) の管理者、Exadata の管理者 (Exadata の1つのノードに Hadoop クライアントをインストールし、それを BDA へのクライアントとして動作させる場合)、Oracle Advanced Customer Support (ACS) 等

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 既知の問題
 前提条件
 Exadata をクライアントシステムとして利用できるように、CDH 5.* をインストール
 Exadata 側で事前に実施する事項
 Exadata への CDH 5 クライアントソフトウエアのインストールに関する他の有効なオプション
 Exadata のすべてのノードに CDH 5 のクライアントソフトウエアをインストールする手順
 クライアントシステムへの CDH5 のインストール
 CDH5 クライアントソフトウエアのインストール
 Oracle Linux あるいは Red Hat 互換のシステムに対する CDH5 クライアントのインストール手順
 CDH5 クライアントの構成設定
 クライアント側のインストール確認
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.