My Oracle Support Banner

トラブルシューティング: 高バージョン・カウント(High Version Count)の問題 (Doc ID 1908418.1)

Last updated on FEBRUARY 12, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 296377.1 (最終更新日: 2014年10月27日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

このトラブルシューティングガイドは、SQL 共有問題の解析を支援するために提供されています。また、この文章内には、問題のトラブルシューティングを支援するための診断ツールも含まれています。

この記事について質問したり、支援を得たり、経験を共有してください。

他の Oracle ユーザー、Oracle の社員、および業界の専門家と、さらにこのトピックについて探求したいですか?

この記事について質問をしたり、支援を得たり、経験を共有するにはここ をクリックして議論に参加してください。
他の記事や有用な表題の議論を探すには、ここ をクリックして、データベース・チューニングの My Oracle Support コミュニティのページにアクセスしてください。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 この記事について質問したり、支援を得たり、経験を共有してください。
トラブルシューティングの手順
 '高' バージョン・カウント('High' Version Count)とは?
 共有 SQL とは?
 'SQLメタデータ' とは?
 なぜ '高' バージョン数を懸念する必要があるのでしょうか?
 バージョンはどうすれば確認できますか? 共有されないのはなぜですか?
 v$SQL_SHARED_CURSOR で与えられた理由は何を意味しますか?
 UNBOUND_CURSOR
 SQL_TYPE_MISMATCH 
 **OPTIMIZER_MISMATCH
 OUTLINE_MISMATCH
 STATS_ROW_MISMATCH
 LITERAL_MISMATCH
 SEC_DEPTH_MISMATCH
 EXPLAIN_PLAN_CURSOR
 BUFFERED_DML_MISMATCH
 PDML_ENV_MISMATCH
 INST_DRTLD_MISMATCH
 SLAVE_QC_MISMATCH
 TYPECHECK_MISMATCH
 AUTH_CHECK_MISMATCH
 **BIND_MISMATCH
 DESCRIBE_MISMATCH
 LANGUAGE_MISMATCH
 TRANSLATION_MISMATCH
 ROW_LEVEL_SEC_MISMATCH
 INSUFF_PRIVS
 INSUFF_PRIVS_REM
 REMOTE_TRANS_MISMATCH
 LOGMINER_SESSION_MISMATCH
 INCOMP_LTRL_MISMATCH
 OVERLAP_TIME_MISMATCH
 SQL_REDIRECT_MISMATCH
 MV_QUERY_GEN_MISMATCH
 USER_BIND_PEEK_MISMATCH
 TYPCHK_DEP_MISMATCH
 NO_TRIGGER_MISMATCH
 FLASHBACK_CURSOR
 INCOMPLETE_CURSOR
 TOP_LEVEL_RPI_CURSOR
 DIFFERENT_LONG_LENGTH
 LOGICAL_STANDBY_APPLY
 DIFF_CALL_DURN
 BIND_UACS_DIFF
 PLSQL_CMP_SWITCHS_DIFF
 CURSOR_PARTS_MISMATCH
 STB_OBJECT_MISMATCH
 ROW_SHIP_MISMATCH
 PQ_SLAVE_MISMATCH
 TOP_LEVEL_DDL_MISMATCH
 MULTI_PX_MISMATCH
 BIND_PEEKED_PQ_MISMATCH
 MV_REWRITE_MISMATCH
 ROLL_INVALID_MISMATCH
 PX_MISMATCH 
 MV_STALEOBJ_MISMATCH
 FLASHBACK_TABLE_MISMATCH
 LITREP_COMP_MISMATCH
 PLSQL_DEBUG 
 LOAD_OPTIMIZER_STATS
 ACL_MISMATCH
 FLASHBACK_ARCHIVE_MISMATCH
 LOCK_USER_SCHEMA_FAILED
 REMOTE_MAPPING_MISMATCH
 LOAD_RUNTIME_HEAP_FAILED
 HASH_MATCH_FAILED
 PURGED_CURSOR
 BIND_LENGTH_UPGRADEABLE
 USE_FEEDBACK_STATS
 BIND_EQUIV_FAILURE
 Version_rpt スクリプト:
 利用可能な他のトレース.
 バインドが使用されているにもかかわらず、高いバージョン数がある期間がありますか?
 説明:
 バージョン・カウントがしきい値を超えた場合に親カーソルを破棄する機能拡張
 適用カーソルにおける高バージョン・カウント
 既知の問題
 他の問題のトラブルシューティング
 Discuss High Version Count Issues
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.