My Oracle Support Banner

マスターノート: WindowsでGrid Infrastructureのインストール/アップグレードが[INS-20802]で失敗した場合のよくある原因及び回避策 (Doc ID 1939038.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)

本文書利用上のご注意


  本文書は英語で提供されている Document 1542814.1 (最終更新日: 2013年04月30日) の翻訳です。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

"[INS-20802] Grid Infrastructure Configuration failed"エラーは上位レベルのエラーであり、Grid Infrastructureの構成に失敗したことのみ表します。  この文書は、WindowsでGrid Infrastructureのインストールまたはアップグレードがこのエラーで失敗した場合の一般的な原因及び回避策について案内しています。

対象

 Windows 11gR2 Grid Infrastructureのインストールまたはアップグレードは"[INS-20802] Grid Infrastructure Configuration failed"で失敗

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 該当ログに INS-20802 以外に、次の特徴が報告されたかを確認してください。
 ローカルノードの rootcrs ログにはリモートインストールの失敗を記録されており、リモートノードの rootcrs は成功と記録
 11.2.0.1/2 から 11.2.0.3 へGrid Infrastructureのアップグレードが失敗
 11.1.0.7 Standalone ASM から 11.2.0.3 Standalone Grid Infrastructure / Oracle Restart までのアップグレードに失敗
 OUIログはGrid Infrastructure installインストール中にインベントリの更新の際にINS-20802が報告されたと記録
 rootcrsログはASMの構成に失敗したことを記録し、ASMログからGpnpプロファイルのプッシュに失敗したことを確認でき、Mdnsd のログは "invalid mask 0.0.0.0" で失敗したと記録。
 OUIログは "Found inconsistent name resolution entries for SCAN name" または "Failed to resolve Single Client Access Name"を記録
 OUI インストールログは PRVF-9691, PRVF-9652, "Liveness check failed for "W32Time" "と記録
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.