My Oracle Support Banner

RMAN バックアップからデータベースをリストアおよびリカバリする方法 (Doc ID 1980123.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.1.0.2 から 11.2.0.2 [リリース 10.1 から 11.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 881395.1 (最終メジャー更新日: 2014年3月11日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的


このノートは DBA に RMAN バックアップからデータベースをリストアおよびリカバリプロセスを説明します。

このノートはデータベースの完全リストアに役立ちます。

前提

- データベースの有効なバックアップはアクセス可能です

- データベースリカバリに必要なアーカイブログ* は使用可能及びアクセス可能です。

* オンライン・バックアップを実行している場合、バックアップ開始から完了までの間に生成されたアーカイブログが必要です。

 

別のホストで取得されたバックアップを異なるホスト上にリストア/リカバリする必要がある場合は、次も参照してください。:

<Document 419137.1> How To Restore Rman Backups On A Different Node When The Directory Structures Are Different

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.