My Oracle Support Banner

パラレル問合せをパラレル実行計画でシリアルに強制的に実行する方法 (Doc ID 1987649.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1114405.1 (最終メジャー更新日: 2014年03月27日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

 

いくつかの問題ではパラレル問合せをパラレル実行計画でシリアルに実行することが役に立ちます。

例えば、ある問合せの実際の行数と見積もり行数を比較するために event 10046 でトレースをとりたい場合があります。問合せがパラレルで実行されると、実際の完全な行数を得るために、全てのスレーブのトレース・ファイルからの行数を加える必要があります。この作業は、非常に時間がかかる場合があります。
このドキュメントはパラレル問合せをシリアル・モードで実行する簡単な方法を紹介します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.