My Oracle Support Banner

統合監査(Unified Auditing): 最終アーカイブ・タイムスタンプを使用して監査追跡が削除できない (Doc ID 2018179.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1956200.1 (最終メジャー更新日: 2015年05月08日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

1. 12.1.0.1 以降の統合監査追跡または、パッケージ dbms_audit_mgmt.clean_audit_trail を使用して最終アーカイブ・タイムスタンプに基づいて監査記録を削除しようとしても、エラーで失敗します。:

 

ORA-08180: no snapshot found based on specified time
ORA-06512: at "SYS.DBMS_AUDIT_MGMT", line 5134
ORA-06512: at "SYS.DBMS_AUDIT_MGMT", line 1187
ORA-06512: at line 2



テストケース:

begin
  dbms_audit_mgmt.set_last_archive_timestamp (
  audit_trail_type => dbms_audit_mgmt.audit_trail_unified
  ,last_archive_time => sysdate - 1);
end;
/

begin
 dbms_audit_mgmt.clean_audit_trail (
  audit_trail_type => dbms_audit_mgmt.audit_trail_unified
  ,use_last_arch_timestamp => true);
end;
/

SQL> begin
  dbms_audit_mgmt.set_last_archive_timestamp (
  audit_trail_type => dbms_audit_mgmt.audit_trail_unified
  ,last_archive_time => sysdate - 1);
end;
/ 2 3 4 5 6

PL/SQL procedure successfully completed.

SQL> begin
 dbms_audit_mgmt.clean_audit_trail (
  audit_trail_type => dbms_audit_mgmt.audit_trail_unified
  ,use_last_arch_timestamp => true);
end;
/ 2 3 4 5 6
begin
*
ERROR at line 1:
ORA-08180: no snapshot found based on specified time
ORA-06512: at "SYS.DBMS_AUDIT_MGMT", line 5134
ORA-06512: at "SYS.DBMS_AUDIT_MGMT", line 1187
ORA-06512: at line 2


変更点

統合監査追跡に変更しました。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.