My Oracle Support Banner

Windows 2012 R2 環境にて、Public LAN 障害から回復後に SCAN VIPの IP アドレスが重複することがある (Doc ID 2034162.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.2 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2030432.1> (最終メジャー更新日: 2015年07月21日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

パブリック LAN の 障害により SCAN VIP リソースが他ノードへフェイルオー
バーした後、フェイルオーバー元が復旧した際に SCAN VIP のIP アドレスが
復旧したノード上でも起動することがあります。
事象発生時には SCAN VIP の IP がフェイルオーバー元とフェイルオーバー
先で が重複した状況になります。

0) 前提
下記のように host IP、vip が構成されているものとして説明します。

192.XXX.XXX.4 -- SCAN VIP
192.XXX.XXX.5 -- VIP(for node1)
192.XXX.XXX.6 -- VIP(for node2)

事象発生前の VIP リソースの起動状況は下記になります。

ora.node1.vip
     1        ONLINE  INTERMEDIATE node1               STABLE
ora.node2.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node2               STABLE
ora.scan1.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node1               STABLE <--*


1) NODE#Public LAN 障害発生
SCAN VIP がノード2 に移動します。ipconfig からも、scan vip が node2
のみで起動していることが確認できます。本フェイルオーバーは想定された動作
であり、ここまでの問題はありません。

crsctl stat res -t
------
ora.node1.vip
     1        ONLINE  INTERMEDIATE node2               FAILED OVER,STABLE
ora.node2.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node2               STABLE
ora.scan1.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node2               STABLE <--*

 

ipconfig(node1)
-----
Windows IP Configuration

Ethernet adapter network1:

  Media State. . . . . . . . . . : Media disconnected
  Connection-specific DNS Suffix.:

 

ipconfig(node2)
-----
Ethernet adapter network1:

  Connection-specific DNS Suffix . :
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.4 <--*
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.5
  Subnet Mask . . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.6
  Subnet Mask . . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.36
  Subnet Mask . . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
  Default Gateway . . . . . . . . .: 192.XXX.XXX.1



2) Public LAN 障害復旧後
フェイルオーバー元のノードが復旧した場合も scan vip は自動的にフェ
イルバックされず node2 で起動し続けます。只、フェイルバックされて
いないにも関わらず node1 でも scan vip の IP が起動し、node1、node2
で SCAN VIP の IP が重複して起動する状況になります。

crsctl stat res -t
------
ora.node1.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node1               STABLE
ora.node2.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node2               STABLE
ora.scan1.vip
     1        ONLINE  ONLINE       node2               STABLE <--*

 

ipconfig(node1)
-----
Ethernet adapter network1:

  Connection-specific DNS Suffix . :
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.4 <--* (duplicate here)
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.5
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.35
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  Default Gateway . . . . . . . . .: 192.XXX.XXX.1

 

ipconfig(node2)
----
Ethernet adapter network1:

  Connection-specific DNS Suffix . :
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.4 <--*
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.6
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  IPv4 Address . . . . . . . . . . : 192.XXX.XXX.36
  Subnet Mask . . . . . . . . . .  : 255.255.255.0
  Default Gateway . . . . . . . . .: 192.XXX.XXX.1



変更点

Public ネットワークの障害後、復旧している

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.