My Oracle Support Banner

12.1 新機能: 時間的な有効性 (Valid Time Temporal) (Doc ID 2035364.1)

Last updated on OCTOBER 31, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1524779.1> (最終メジャー更新日: 2015年01月13日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

 この文書では、12c で導入された表の時間的な有効性の機能のいくつかの簡単な説明と例を紹介します。

対象

 この記事では、時制有効性ディメンジョンと時制有効性列は同義です。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 機能の概要説明
 表の時間的な有効性を利用する方法
 時間的な有効性を利用する方法
 問合せと DML
 フラッシュバック問合せ
 AS OF PERIOD FOR <valid_time_column> <timestamp>
 VERSIONS PERIOD FOR <valid_time_column> BETWEEN <timestamp> | MINVALUE AND <timestamp> | MAXVALUE
 DBMS_FLASHBACK_ARCHIVE.ENABLE_AT_VALID_TIME プロシージャ
 時間的な有効性の制限事項
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.